令和初の大型詐欺案件になるかもね

まずは訂正
前回の記事内で八方さんの料理について河豚の肝と書いていましたが、正しくは余市産のあん肝でした。料理の流れで思い違いしていました。あん肝は余市産が最高に美味しいそうです。余市蒸留所に行くことがあれば、あん肝もぜひ食べてみてください。

本題
最近どうも「みんなで大家さん」の状況がきな臭くなってきているようです。
ご存じない方に簡単に説明すると、一般人から幅広く出資者を集めて大型の不動産案件にみんなで投資するという仕組みです。みんなで大家さんとは、まあピッタリな名前を考えたもんです。利回りは7%で年数回の分配金もあるらしい。

よくある詐欺案件の「年利30%」や「元本保証」と大々的に謡わずに、ありえそうなもっともらしい数字を並べていますが、会社の利益として手数料を徴収したうえで出資者に年利7%と分配金なんて、ちょっとでも不動産投資を聞きかじりでもしていたら、

「集めた金で中古のボロ戸建てを買って生活保護者でも住まわすんかな?」

という数字です。絶対にありえへん。不動産投資やっていない俺でも分かるわ。

商品の販売は2007年からとかなり長く行われていますが、オレンジ組合共済や円天、安具楽牧場などと同じ、新規の出資金を既存顧客の分配金に回す典型的なポンジスキームにしか思えません。世の中には常に一定数は騙されやすい人が存在し、10年おきぐらいの忘れた頃に大型ポンジ案件が発生しています。今回も時間を掛けて相当数の人数を集めているようなので数千億円規模の令和初の大型詐欺事件になるかもしれません。一応のホテル等を経営している実態があるのでポンジ詐欺ではなく自転車操業として暗礁に乗り上げ破産申請、というゴールになるかもしれません。どのみち出資金は帰ってこないけど。

投資をする時に人任せはダメです。人任せで資産が増やせる人は、もともと価値の高い不動産を持っている人や、二桁億以上の資金を持っている人などです。任されるほうも手数料だけで十分な利益が見込めますから。自分にとっては大金でも1000万2000万程度のお金持って投資の相談に行ったところで、ワンルームマンションや適当に手数料の高い投資信託を奨められるだけです。ましてや詐欺師にはちょうど良い低リテラシー属性。

万が一、これを読んでいる方の中にみんなで大家さんに出資している人が居れば、違約金を払ってでも金が出せるうちに引き上げたほうが良いかと思います。僕が間違っていたらゴメンナサイ。